こんにちは。

 

今回は2015年10月ごろにエストニアの観光地ヴィリャンディに行った時のことをお伝えします。

 

ヴィリャンディ(Viljandi)について

ヴィリャンディはエストニア南部にある町で人口は約19000人ほど、紀元前5世紀からヴィリャンディに関する記録が残っているほど歴史的な町です。タリンと同じく中世のハンザ同盟の拠点でもあります。

 

今回はそんなヴィリャンディで地元の青年たちの家に泊めてもらうカウチサーフィンをしました。

 

Untitled

早速合流。真ん中にいるのは同行したコスタリカ人です。なぜか秋でも半袖。奥がNATO軍としてアフガニスタンに派兵されていた地元の青年。手前がその彼女の大学生です。名門タルトゥ大学の学生さんです。

 

Untitled

秋めくヴィリャンディ。北欧の秋って感じの日差しです。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

 

Untitled

美しいですね

 

Untitled

昔の白屋根にモダンな建物が増築されてる。

 

Untitled

橋を渡ってヴィリャンディ城へ

 

ヴィリャンディ城

Wikipediaによると、ヴィリャンディ城は中世ドイツのリヴォニア帯剣騎士団長ヴォルキン・シェンクが建立した城で、当時のバルト地域では最大規模の城で、リヴォニア騎士団の主要拠点でした。17世紀前半のスウェーデン・ポーランド戦争でほぼ完全に破壊されてしまいました。

 

Untitled

残る城壁の残骸

 

やっぱりこういう話を聞くと、バルト地域は中世からずっと大国による戦乱の舞台になってきたようです。そう考えるとタリン旧市街がハンザ同盟時代の面影を丸々残したまま現存しているのは奇跡的にすごいことだと思います。

Untitled

ヴィリャンディ湖

 

Untitled

城壁の残骸

 

Untitled

伸びる影

 

Untitled

ヴィルズ・ダンジョン

 

Untitled

残っているものの中ではこの城壁が一番大きいです。

 

Untitled

城壁の前はコンサート会場になっています。

 

Untitled

NATOでアフガニスタンに派兵された彼。彼の腕には12個の頭蓋骨の入れ墨が彫られていて、それは彼の所属していたエストニア軍の部隊から12人が戦死したことを忘れないためだということでした。今はヴィリヤンディでナイトクラブの警備員をやっています。

 

Untitled

 

 

Untitled

 

 

ヴィリヤンディにある巨大ブランコ

 

ヴィリヤンディの公園内には巨大エストニアン・ブランコがあります。以下はYoutubeから

 

角度がやばい

 

なお、ヴィリヤンディにあるのはこれらよりももっと巨大だと思います。最大8人ぐらいで漕げるので。

 

実際に乗り込んでみました。

Untitled

準備OK ていうかサイズ的にブランコよりかは中世の投擲兵器みたい。

 

Untitled

動き出しました。すげー喜んでる。漕いでるのはエストニア人だけで僕は木に掴まってるだけで精一杯です。

 

Untitled

ちょっとしか傾いていませんが相当怖いです。

 

Untitled

どんどん角度がついていきます。

 

Untitled

ヒエー

 

Untitled

僕は「もうやめよう!もうやめよう!」みたいなことを言っていった記憶があります。

 

Untitled

彼らの漕ぎっぷりを見ていると角度が余裕で地面から90度を超えそうだったのでなんとかして止めてもらいました。本場のエストニア人はおそらく120度ぐらいまではいくのでしょうね。Gがやばそうですが。

 

以前の記事でも書きましたが北欧はこういう高い所に登ったりする命知らずな遊具が多いですね。

 

以前Instagramでデンマークかどこかで高さ10メートルは確実にあるジャングルジムに登ってる映像を見ました。日本だとまず不可能ですよね。

 

ロシア人のYouTuberが高いところに登る動画を撮ったりしていますが、寒い国の人は高いところで身体を動かすのが好きなのかもしれませんね。

 

みんなと散策

 

Untitled

ヴィリヤンディの自然、美しいですね。

 

Untitled

 

Untitled

 

Untitled

 

Untitled

 

Untitled

 

Untitled

途中さっきのモダンな建物に寄りました。中はカフェになってます。

 

Untitled

Untitled

やっぱり絵になる風景ですよね。

 

Untitled

 

Untitled

Untitled

日が落ちて来ました。

 

Untitled

中世の騎士の像を発見

 

Untitled

パシャリ。撮ってもらいました。すごく中世を感じる

 

Untitled

ヴィリヤンディ湖 きれいだなー。

 

Untitled

夕日がとても映える。

 

Untitled

 

こんな感じでヴィリヤンディ城周辺の観光は終わりました。次の記事では続き、ご飯を食べて、サウナに入った話を書きます。

(おわり)

 

当ブログのエストニア滞在記シリーズは下の画像をクリック


https://selohan.com/category/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A2/