こんにちは!コロナ禍が6月ぐらいで終わると思っていたら全然終わらなかったので、デスク環境の充実を決意した加藤(@flux54321)です。

 

コロナ禍で引きこもり環境を整えたい

6月ぐらいでコロナ禍がほぼ収束すると思っていたのですが、自粛解除になったらあれよあれよと感染者が増えていってもう第二波待ったなしのようです。

それでいまさらですが デスク周りを拡充しよう と思い立ちました。

 

腰痛なので新しい椅子がほしい

コロナ禍で何時間もパソコンで作業していると腰痛になることが増えました。

普段はIKEAのオシャレっぽいテラスにでも置いて有りそうな木の椅子を使っていました。オシャレっぽい見た目ですがデスクワークには向いて無かったです。テラスやシェアオフィスでMacbook Air をカタカタするには向いてるかもしれません(雰囲気で作業効率が上る人向け)。でも腰痛になったら元も子もありません。

 

デスクやPC周りは名前に「ゲーミング」と付くものを買えば良い説

コロナ禍でリモートワークが増えたので、必然的にリモートワークに関する情報も世の中に増えました。その中で多いのが「家でリモートワークをするには何を買えばよいのか」という情報です。

色々と見ていく中で個人的にピンと来たのが「リモートワークにはゲーミング系の商品を買うのが良いぞ」という情報でした。

 

ゲーミングPCやゲーミングチェアーへの事前のイメージ

ゲーミングPCやゲーミングチェアと言えばPCやデスク周りの製品の1ジャンルとも言えますが、デザイン的には昨今のApple製品のようなミニマルなものとは反対側を行くものです。例えばゲーミングPCやゲーミングキーボードなどは、無駄にライトがピカピカ光ったり、やたらゴテゴテしていたりします。だから正直シンプルな引き算のデザインを志向する今の時代と逆行するデザインだなあと思っていたんですね。

 

e-Sports でゲーミング製品への見る目が変わった

昨今 e-sports を目にする機会が増えました。特に大きかったのが2019年の国体に e-Sports が採用されたことでした。

 

 

国体で採用されたゲームの一つは GT SPORT というレーシングゲームでした。これを生放送で見ていて「e-sports めちゃくちゃおもしろいやん!」と初めて思ったのでした。

魅力をかいつまんで言うと。

  • グラフィックも挙動もかなりリアルに再現されているので、実車でレースしているのとほぼ同じ
  • 実際のスポーツとちがって事故っても怪我しない
  • 年齢も性別も関係なく同じ土俵で競える
  • 障害があっても同じ土俵で戦える(かも)
  • 実際に見ていて本物のモータースポーツを観戦している時のような心の高鳴りを感じた。

ということでした。

 

観戦者の立場から見て楽しいのはもちろん、年齢性別や(場合によっては)障害の有無も関係なく戦えるのも結構すごい。スポーツという概念のパラダイムシフトだなと思いました。

そして、そんな e-sports の現場で実際に使われているのがゲーミングチェアなのですね。

 

 

長時間使用しても身体が疲れず、壊れにくい設計

e-sports はゲームなのですが本物のスポーツと同じく反射神経がかなり重要だそうです。つまりそこで使われているゲーミングチェアやゲーミングマウスなどは使っている人の身体になるべく負担をかけず、かつ、スムーズに動けるように設計されているということです。

これって、デスクワークにピッタリというか、むしろこれ以上のものは無いのでは、と思い始めました。

 

そこでネットを探してよく見かけたのが「GT RACING」というブランドのゲーミングチェアが「やたらとコスパが良い」という情報でした。

 

倍以上の値段がするチェアーと中身が同じ説

実はこのGT RACINGというブランドのゲーミングチェアーに関して、別のブランドの倍以上するゲーミングチェアーと中身が全く同じでは無いのかという情報をITの専門家がボソっと言っているのを耳にしました。

横流しなのかコストカットなのか、別ブランドなのか理由は全く分かりませんが、倍以上する値段の方の商品とこの商品の両方を買った人がそう言っているので間違いは無いと思われます。

 

実際に買ってみた(タイムセールで最後の一人にかけこみ成功)

それで2日前に買ってみようと思い立ったのですが、アマゾンに行くとなんと該当製品(Bluetoothスピーカー付き)がタイムセール真っ最中で最後の一人へと駆け込みむことに成功しました。

実際は直前まで買うか迷っていたのですが、あまりにタイミングが良すぎたので買うことにしました。

 

 

翌日、届いたので開けてみた

小柄な人が一人入るぐらい大きかったです。それと、配達ゲーム、デス・ストランディング のやりすぎで、運んできてくれた配達員さんに深々と頭を下げてしまいました。感謝の念伝えるのも良い体験ですよね。コロナ禍なら特に。

 

 

開けた所、まさかの軍手付き!

 

組み立ててみた

組み立てに関しては書きません。でも簡単なので説明書をみて一つずつ進めてください。誰でもできます。光沢紙というかちゃんとラミネート加工されたようなしっかりした説明書が入っています。やる気を感じます。

出来上がり。30分ぐらいで完成しました。

 

サイドから見た感じ。キンチョールと全国胃酸(太田胃散のパチモノ)が置いてあり、かっこよく見せる気が背景に1ミリもなくてすいませんが、ものはレーシングカーの椅子みたいでかなりしっかりしていてかっこよいです!

今回割引になっていて買ったのはBluetoothスピーカー付きのモデルでした。背部に付いてるんですね。前面の耳元かと思った。

 

椅子の背面ポケットに入っている Bluetooth レシーバーです。バッテリー式なのでこれを充電した状態で パソコン や スマホ から 接続すればOK!

 

リクライニングはこのぐらい倒せます。寝るとほぼ真横になります。仮眠できるレベルです。僕は身長173cm 体重 91 kg(コロナ自粛で増加)ですが、ガタつきもありませんでした。頑丈。

 

リクライニングを軽く倒した筆者。軽く倒した感じだと寝落ちしそうになるぐらい安定しています。1万5000円台でこの安定感は予想以上かな〜。

 

腰サポートについて

この腰のクッションがかなり効いています。作業していてもゲームしていても疲れません。ここはかなり評価高いですね。地味ですけど、腰は要なので、それに買った理由が腰痛対策だからです。しっかり対策できています。

 

スピーカーについて

耳元についているスピーカーだから自分にだけ聞こえて音漏れしないのかなと思っていましたが、盛大に音漏れします。椅子の外側にスピーカーがついているんだから当たり前。近所迷惑にならない範囲で聞きましょう。音質はまあまあ。低音もズンドコしません。全体的に軽い音ですが、サクッと音楽やポッドキャストを聞くぐらいならこのぐらいで良いんじゃないのと思います。良く言えば疲れない音。Bluetoothスピーカー持ってないって人はまあ最初はこれで代用になるんじゃないかな。可もなく不可もなし。別でスピーカー持ってたらこのスピーカー付きをワザワザ買わなくて良いかなっていう感じ。今回はセールで値段がスピーカーなしと変わらなかったので買いました。まあセールじゃなくてスピーカー要らなかったら3000円安い方を買うべきかな。ゲームでは使ってません。でもゲームだと 低遅延 の apt-x とかに対応してないと遅延が厳しいかなって気もします。Macに接続してYoutubeゲーム動画とか見てると遅延が割と気になります。まあでも僕の環境だけかもしれませんので、なんとも言えませんね。あとBluetoothの声が完全にmemeのparty parrot

 

↓スピーカーなしの一番安いやつ。椅子自体は同じ。

 

↓私のおすすめの超コスパスピーカー

【レビュー】Creative社のスピーカー「Pebble」が低価格帯なのに抜群の音質でド肝を抜かれる高コスパだった。

 

あと、値段が高い方は足置きがついていてさらにフラットに寝られるようです↓

 

結論(Verdict)

仕事中やゲーム中の腰痛対策にもなるし、高級感もそれなりにある。仮眠することもできるぐらい安定感もある。値段を考えれば2〜3倍のコスパはある。

要するに「迷っているなら買え」レベル。おすすめ。

 

 

評価:90点

 

 

おまけ:パーティーパロット(party parrot)なBluetooth(meme)

 

エストニア滞在記シリーズ

https://selohan.com/category/%e6%97%85/europe/estonia/