今回はタリンで泊まった格安ホテルについてお伝えします。

1ヶ月の格安ホテル暮らし

タリンに着いてすぐは、City Hotel Tallinnという格安ホテルに滞在していました。City Hotel Tallinn はUnique Hotels というグループのホテルです。当時は素泊まり1泊3000円弱ほどで、日本を出る前から宿泊を予約していました。個室の宿泊施設としては、この値段は当時タリンでは最安レベルでした。最近では少し上がっているようですが。

City Hotel Talinn のメリットは値段の割に、旧市街が目の前にあるという好立地なのでオススメです。値段の安さを追い求めるなら間違いなくここですね。もちろん実際に入ってみると値段相応な感じもありますが。清潔感もあるし、シャワーでお湯も出るし、休憩室でインスタントコーヒーも無料で飲めるし良いと思います。

デメリットは敷地に対して最大限広く部屋を作っているので、廊下がやたらせまくて隣室のドアが近くて謎の窮屈さを感じることぐらいです。部屋に入ってしまえばそれも大丈夫ですが。

旧市街が目の前で3000円弱でこれは充分すぎますかね?休憩室でお湯も使えます。

旧市街のトームペアの象徴「のっぽのヘルマン」がすぐ近くにあり、毎日国歌を聞くことができます。日の出とともに旗が出て、日の入りとともに旗が沈みます。

夕方に国歌が流れるところを撮影してきました

地下に無料で使えるラウンジもある

廊下は少し窮屈ですね。 フロントは隣にあるメインのホテル von Stackelberg Hotel  にあります。チェックインはそちらで済ませカードキーをもらったらCity Hotel Tallinnに歩いて移動するシステムです。

City Hotel Tallinnのラウンジ

City Hotel Tallinnには無料で使えるラウンジがあります。

コーヒーや紅茶も飲めます

少し歩くとスーパーもあります。

まとめ

City Hotel Tallinnはこんな感じです。上質な設備ではないけども、安くて個室が良いという人はここが割とオススメです。

https://www.booking.com/s/35_6/maemaw94

(僕もあなたも)2000円割引になるクーポンもあるよ!

 

エストニア滞在記シリーズ


https://selohan.com/category/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A2/