こんにちは。

 

今回はタリンの海沿いにある「海洋博物館(Lennusadam/Seaplane Harbour)」に行った時のことを写真付きでお伝えします。

 

海洋博物館(Lennusadam)の場所

旧市街から少し離れたところにあります。

私は歩いて行きましたが、バスでも行けます。(リンク先参照)

 

ちなみに海洋博物館は旧市街の太っちょマルガレータ内部にもあるそうなのですが、今回はそちらには行きませんでした。

 

旧市街から海洋博物館(Lennusadam)へ歩く

 

image

出発〜

 

image

観光名所の一つ。気球。上空から旧市街を見ることが出来ます。

 

Untitled

エストニアのディスカウントスーパー “SELVER” ここでパンと水を買いました。

 

image

ポテトのパイを買いました。塩味でうまし。

 

Untitled

鉄道駅(Baltic Station/Balti jaam)があります。

 

image

有料トイレ。なぜか使用時間外でした。

 

image

道を歩くとエストニアの一般的な風景。木造の家

 

A post shared by Kato Shinya (@zolzolge) on

途中ナイスなアートがありました。こういう周囲と調和しているのは良いですね。

 

Lennusadamに着きました

Untitled

と思ったら海洋博物館(Lennusadam)に着きました。

 

Untitled

デカイ

 

Untitled

入り口

 

Untitled

中身はこんな感じ。タリンではテレビ塔と合わせてモダンなスポットです。

 

僕は説明はあまり読みませんでした。見た目一発です。

 

Untitled

いろいろな船とかそれに関するものがあります。

 

Untitled

 

Untitled

エストニア製のブイ

 

Untitled

こういうのいっぱいあります

 

Untitled

昔のカヌー?とにかくごちゃまぜに色々置いてあります。

 

Untitled

読んでないのですが、たぶん魚雷に見えます。海事なので兵器も展示物に含まれます。

 

Untitled

ホバークラフト

 

Untitled

 

Untitled

水上飛行機。施設の名前のSeaplaneとはこれのこと。

 

軍事兵器もいっぱい

 

Untitled

戦車だ!

 

Untitled

戦車だ!(エストニアは大国の戦場になることが多かったので国防にも力を入れて守らないといけません。)

 

 

A post shared by Kato Shinya (@zolzolge) on

 

 

Untitled

 

 

Untitled

対空機関砲だ!

 

Untitled

スチームパンク

 

Untitled

別タイプの武器

 

Untitled

Portalに出てきたタレットみたいですね。

 

Untitled

やる気満々

 

Untitled

〇〇とは違うのだよ〇〇とは!(←知らない)

 

Untitled

何なんですかねこれは。よくわからない。

 

Untitled

 

Untitled

武器が多すぎる

 

Untitled

ほんとデカイ

 

Untitled

機関銃シミュレーションゲーム

 

Untitled

ステルス戦闘機

 

想像した以上に展示が軍事寄りですね。

 

 

Untitled

潜水艦の部屋があります。

 

Untitled

中に入るとあらスチームパンク。スクリーンのおじさん(艦長)がエスコートしてくれます。

 

Untitled

 

Untitled

スチームパンク

 

Lennusadamの中はこんな感じ。

 

 

Lennusadamの外に出てみる

 

このミュージアムのある所はそもそも港なので、歩くだけでも楽しいです。

 

Untitled

ミュージアムの前はとても広々としています。

 

A post shared by Kato Shinya (@zolzolge) on

 

Untitled

舟型滑り台

 

Untitled

 

 

SUUR TOLL(Tyll the Great/巨大なるトール)

 

Untitled

この船も二本の煙突が良い感じですよね。SUUR TOLL(巨大なるトール)はエストニアに伝わる伝説の巨人だそうです。

 

 

SUUR TOLLはエストニアの西にある一番大きな島、サーレマーの島民たちを守っていたそうです。

Youtubeを見ると1980年に作られたアニメが有りました。ソビエト的なセンスがひしめいていますね。今見るとAC部っぽい。

 

伝説によるとSUUR TOLLはサーレマー島からとなりのヒーウマー島まで歩いて移動していたそうです。

このアニメでも2つの島の間で悪魔と戦っているので、たぶんサーレマーとヒーウマー島なんでしょうね。

 

巨人の伝説って面白いですね。

 

それで日本にも巨人の伝説って無いのかと調べてみると、だいだらぼっちというのが日本各地に昔から伝わる巨人伝説で、身長を今の単位に治すと25kmもあったそうです。

 

上半身が成層圏突入しとるやないか・・・・

 

言葉の綾だとは思いますが、それにしても身長25キロはでか過ぎですよねw

日本の特撮とかアニメに出てくる巨大ロボットと絶対に関係あると思う。

 

引き続きLennusadam周辺を散策〜

 

Untitled

大砲

 

Untitled

荷物運ぶ用の線路。今は使われているのでしょうか。

 

Untitled

太陽が眩しい

 

Untitled

爽やかな空と海 奥にフェリーが見えます。

 

Untitled

 

Untitled

やっぱり海のある街は良いですね。

 

Untitled

 

タリンの港を歩くのは良かったです。特にここは整備されているので歩きやすいですしね。

みなさんもタリンに行ったら海洋博物館Lennusadamに行ってみてください。

 

当ブログのエストニア滞在記シリーズは下の画像をクリック


https://selohan.com/category/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A2/